Alettaオススメ

trip-to-taiwan

リュックひとつで台湾に!LCC機内持ち込みだけでいける「5kgパッキング」のススメ

重たいキャリーバッグをゴロゴロ。旅行って疲れるな〜、って、思ってました。ところが。5kg以内の荷造り術「5kgパッキング」を身につけてからは、いいこといっぱい! リュックひとつで身軽に動けて、LCC(格安航空会社)の機内持ち込み制限も余裕で通過します。機内持ち込み荷物だけで旅行するメリットは……・身軽・疲れない・いかにも観光客ですという雰囲気が出ない・荷物をいつも持っておけるので

woman-with-flower

女性のみなさん、男性に幸せをおすそ分けしてもらえませんか?

すももと申します。Twitterとnoteで男女に関する色々な話題について書いています。今回は、幸福度の高い日本の「専業主婦」、「未婚女性の結婚相手に求める年収」、「賃金と結婚観の推移」などの切り口から表やグラフを交えてわかりやすく、意見を展開します。仕事も、家事・育児も、男女協力し合って幸せな家庭を築きませんか?

woman

ベッドの百物語ーロストセカンドバージン・後編ー

(前編のあらすじ)夫とのセックスレスに悩み、離婚を決意した由里子。通っていた美容室の若いイケメン美容師の逢瀬の約束を取り付けたが、風俗街としても知られる町での待ち合わせに恐れをなした彼に続けてドタキャンされ、念願のセカンドバージン喪失は果たせず。次に狙いをつけた相手は、高校時代と大学時代に付き合っていた元彼たちだった。前編はこちら→ベッドの百物語

a-woman-in-a-bed

ベッドの百物語 ーロストセカンドバージン・前編ー

「彼との待ち合わせは、ラブホテル街に歩いて5分で行けるカフェにしたわ!」意気揚々といった様子で放たれた由里子の言葉に、私は鼻白んだ。不安を覚えたが、全身から喜びが発せられ、表情には自信が満ち溢れている彼女に、私は意見することなどできない。由里子が求めているのは常に賞賛であり、肯定意見しか受け付けないことは心得ていた。頷き、視線を揺らしながら曖昧に笑うしかない私の反応など、彼女には見えていな

woman-talking-at-a-caffee

カフェで行われるマウンティング女子の会話がヤバイ!上手にスルーする秘訣はこれ!

あなたは、会話中にとんでもないマウンティングをしてくる女性の存在をご存知ですか? 「相手は嬉しそうに話しているんだけど、なんだかモヤモヤする。」 「Aちゃんと会話してると、なんだか疲れる。」 そのような相手は、もしかするとマウンティング女子…

a-tapioka-drink

タピオカの表象

タピオカがたいへんなブームです。 それに伴い、タピオカについて取り扱ったコラムも増えているのではないでしょうか?この記事もその一環です。 ところで、このタピオカブームは、一体、私たちが住む世界の何を表象しているのでしょうか? 「マクドナルド…

woman-travel-abroad

海外旅行初心者ならこれだけは気をつけておけ!5つのアドバイス

海外旅行のハードルが下がり、女性も気軽に海外旅行する時代。しかし海外では、思わぬトラブルに巻き込まれることも少なくありません。 女性同士、ひとり旅ならなおさら、自分の身を守るためにさまざまなことに注意が必要です。 今回は、現在ドイツ在住で多…

gratewall

ここがすごい!『キングダム』が他の歴史漫画の追随を許さない理由3選

集英社『週刊ヤングジャンプ』にて2006年に連載が開始されてから、2012年にテレビアニメが放送、2019年には実写映画が公開された、原泰久による歴史漫画『キングダム』。 まさに破竹の勢いで人々を魅了する『キングダム』の魅力は一体どこにある…

a-woman-doing-yoga

ホットヨガできれいになれる? ホットヨガを1年続けて実感したカラダとココロの変化

「そういえば、最後にマトモに体を動かしたのっていつだっけ?」 仕事にプライベートに家事にと忙しい毎日、ついつい座りっぱなし、あるいは立ちっぱなしで長い時間ずっと同じ姿勢のまま……なんてことはありませんか。 自宅でのパソコン作業が主な仕事の私…

a-woman-reading-manga

今からでも遅くない!世紀の大作『キングダム』を読み尽くそう!

漫画や映画で話題になっているキングダム。すでに54巻まで出ていて、 「今から1から読むのは大変そう」 「終わってから一気読みしよう」 と思っている人は少なくないかもしれません。 しかし、40巻が終わったあたりで原作者である原氏が、「ようやく…

a-woman-internet-surfing

バカの観察がやめられないたった一つの理由

「幸福な家庭はみな似通っているが、不幸な家庭は不幸の相もさまざまである」 とは、文豪レフ・トルストイの名作『アンナ・カレーニナ』(工藤清一郎訳)の冒頭の一文である。 不幸というものが、人間の愚かさゆえに招かれるものであるなら、人間のバカさ加…

women-sharing-a-house

シェアハウス経験者が語るシェアハウスのメリットとデメリット

シェアハウスに住む経緯と住んでいたシェアハウスの紹介 2018年4月〜12月までの9ヶ月間、私は千葉県にある古民家シェアハウスで過ごしました。 20代後半〜30代の落ち着いた人6人前後での暮らしです。 私は人見知りで物音に繊細なため、シェア…

women-at-a-party

人生初の婚活で相席屋へいったらドラクエ状態になった話

彼氏は欲しいけど、仕事しているだけじゃステキな出会いも見つからない・・・。 妙齢に差し掛かった女性にとって避けて通れないのが「婚活」ではないでしょうか? 4年前、友人に誘われて人生初の婚活会場に相席屋を選んだことによって、予想外の事態が発生…

a-woman

「女の子らしい」という虚像とプリキュア

あなたは、生まれてこれまでに、このような言葉を言われたことはありませんか?   「女の子なんだから」 「女の子らしく」 「それでも女の子なの?」   小さな頃から刷り込みのように、「女の子らしさ」というものを教えこまれ、…

japanese-sake

胸熱 万葉ラブソングの世界

「令和」のもとになった万葉集 平成から令和へ。年号がかわると風景まで新しくなったような気がしますね。 さて、年号にはもとになる古典があり、そこから二文字を選ぶのですが、令和の場合は日本最古の歌集「万葉集」から選ばれました。 平成までは、もと…

a-woman-using-a-laptop

自分のやりたいことがわからないあなたへ

「自分がやりたいことがわからない」という人がいます。 親が大学行けっていうから行った方がいいのかな。 周りが就職するから、自分も就職しよう みんなが化粧するなら、した方がいいのかな。 みんなが感動するのなら、これは感動しなくちゃいけないんだ…

a-working-woman

文章を書いて暮らすのに必要な、心の詩人について

今も昔も、社会は文章の書き手に対して寛容ではありません。書いて暮らすことは常に貧しさと同居しており、時として誰かを傷つけることすらあるのです。もしも文章が勝手に走り出して誰かを傷つけたら…そんな恐怖でいっぱいになり、書けない人もいるのではな…

a-beautiful-scenery-in-germany

海外移住のなにが大変?実際の苦労と解決した方法 山あり谷ありのドイツ生活!リアル苦労話と解決法

海外移住というと「毎日楽しいキラキラした生活」なんてイメージをもたれることがありますが、実際は楽しいことばかりではありません。 楽しいことはもちろんありますが、それと同時に、しんどいこともたくさん経験しました。 留学、ワーホリ、就活、大学生…

a-red-heel

いつかは自分も! 女性上司の最高にかっこよかった話コレクション

「女の敵は女」だなんて、誰が言い出したんでしょう? ご覧のスマホ・タブレット・パソコンから、「女性上司」と検索してみてください。さて、どんな検索結果になったでしょうか? …… はい。 この記事を書いている現在は、2019年5月8日。先ほど検…

a-woman-enjoying-shopping

家計簿はつけない、節約も無理しない、ムダ使いをしても貯められるお金の貯め方・使い方

貯金ができるようになって変わってきたもの 20代では、車やショッピングでローンを抱えて赤字続きだったわたしも、今ではしっかり貯金ができるようになった。 貯金ができるようになってきて、いくつか大きく変わった考えがある。 具体的に言えば、以下の…